条件が違った場合

仕事が時間内に終わらず、望まぬ残業をすることになったとき、人はどのように感じるのでしょうか。
残業代が貰えると喜ぶ人もいれば、プライベートの時間が減ってしまったと嘆く人もいます。
また家族がいる場合は、家族への負担を考えてしまったり、その不満をどう解決するか思い悩む人もいるでしょう。
多くの場合はマイナスに捉えることが多いようです。
介護職の場合、このような勤務時間内に仕事が終わらないといった苦労は多くの人が体験しているのではないでしょうか。
そして残業代をその代価と考えるにも、デメリットと感じるかもしれません。
何より精神的な負担が大きいのが介護職なので、金銭だけでは解決しにくい問題なのです。
もちろん、一般職に比べて倍以上の収入であれば仕事の苦労も妥当だと考えることが出来ますが、実際は収入が良いと答える人が少ないのが現状です。
常に介護職は求人情報が多数あります。どこもが介護職を求めている状況です。
無資格では出来る仕事内容に限りがありますから、どうしても有資格者にたよらなくてはいけません。長期に渡って勤務する介護職の人は少ないのも現状です。
多くの介護職は転職を繰り返します。原因は雇用条件の違いが多いようです。最初に説明を受けた条件と、実際に働いてみると条件が違ったという話はよくあると聞きます。
これは経営側と、実務側とのコミュニケーション不足からくるところが多いようです。
経営者が実務の実態を知らないというところに問題は隠されています。
勤務してみたら条件が違った、という場合はまず確認をしましょう。
そして改善されれば良いのですが、改善の見込みがない場合は転職も考えなくてはいけません。
転職を出来る限り少なくするためには、事前に職場見学をしておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です